日々患者のために/医師の仕事のやりがいと悩みとは

日々患者のために

私は、日本トップクラスの乳腺外科医です。海外への学会出席に、日本全国からくる講演会のオファーに、日々の病院勤務の日程調整に毎日ハードスケジュールをこなしています。私が診た患者には最高の治療を約束しています。日頃の自分の身体のケアには余念がありません。
私が倒れたら、助けられない命があるのです。患者の胸の傷を最小限にとどめるよう、早期発見が肝心です。もっと検診を広める運動にも力を入れています。
日々一人でも多くの患者を助けるために、これからも極悪勤務に耐え頑張っていきます。

医師のやりがい

医師という仕事は大変、というのは社会的に一定のコンセンサスを得ているであろうが、それでいてやりがいのある仕事である、というのも確かである。自分が診察をし、治療をし、時には手術をした患者さんが元気になって報告に来る、あるいは退院する時にひどく感動するだろう。また、生命がかかっているからこその人間のドラマが展開することもあるようである。厳しい勤務形態や特殊な技能と引き換えに得られるやりがいを求めようと医師を目指す人は絶えないようだ。

たくさんの人達の思いを背負うのが医師の仕事

医師という仕事には人それぞれの見解があるでしょうが、私はたくさんの人の思いを背負っているのが医師の仕事だと思っています。
このたくさんの人の中には、患者やその家族はもちろん、病院で働いている同じ医師、看護師達の思いも入ります。
さらには医師になるためにたくさんの人の強力を得ているので、無論その人達の思いも背負っているといえるでしょう。
医師の仕事しているとこの背負うものの大きさが、やりがいになることもありますし、負担や悩みになることもあります。
これらをしっかりと噛み締めて、医師を続けていくことが医師として大成するために必要なことなのではないかと日々感じております。
このようなことからも医師という仕事は軽い気持ちで決してできる仕事ではないことがわかります。


ホーム サイトマップ