医師の勤務先による年収の違い/医師の仕事のやりがいと悩みとは

医師の勤務先による年収の違い

一般に、医師の平均年収は、一般企業に勤務するサラリーマン等と比べるとはるかに高収入であることが多いです。
病院や診療所に勤務する勤務医の場合、平均年収は1200万円から1500万円程度といわれています。しかし、これも医師の絶対数が多い都市部では医師の供給量が多いため安くなりがちですし、一方、医師不足に悩む地方病院等に勤務すればかなり高額になるといわれています。さらに国公立病院よりも私立病院のほうが年収は高い傾向にあります。特に大学病院については、年齢と場合によっては、一般の大手民間企業のほうが年収が高いというケースもあるようです。このように勤務医の場合、その勤務先によって年収にはかなりの幅があるといえるでしょう。
また、開業医の場合は、一般に勤務医よりも年収がより高くなることが多いです。しかし、開業にあたっては、代々医者であり設備が既に準備されていればよいですが、ゼロから開業する場合ですと、初期投資に相当な金額がかかりますので、借金をして開業をするケースも多いです。その結果、開業医の年収については個人差が大きいといわれています。


ホーム サイトマップ